So-net無料ブログ作成
検索選択

【終値3830円】日本航空が再上場 [株]

JAL 日本航空(9201)は19日、2010年2月の上場廃止以来、約2年7か月ぶりに東証1部に再上場した。

初値は3810円となり、売り出し価格(3790円)を20円上回った。

株価は上値3905円、下値3805円、終値3830円と堅調。

初値で計算した時価総額は約6909億円。

19日の日経平均は反発となり、108.44円高の9232.21円(出来高概算20億7000万株)で取引を終えた。日銀は金融政策決定会合で追加の金融緩和を決定。為替市場では円売りの流れからドル・円が1ドル=79円台、ユーロ・円は1ユーロ=103円台半ばに下落。これを評価する流れから、輸出関連などを中心に幅広い銘柄が買われた。

本日東証1部に再上場を果たした日本航空<9201>は、初値が3810円と公募価格3790円を若干上回って始まった。公募価格を上回ったことで一定の効果はあったとみられ、個人マネーの再投資の流れから、その後は直近IPO銘柄やSNS関連などへの物色が強まっていた.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【初値3810円】日本航空が再上場 [株]

JAL 日本航空(9201)は19日、2010年2月の上場廃止以来、約2年7か月ぶりに東証1部に再上場した。

初値は3810円となり、売り出し価格(3790円)を20円上回った。

株価は一時3900円を超えたが、午前の終値は3830円。

初値で計算した時価総額は約6909億円。

今回売り出されたのは、日航に3500億円を出資した政府の企業再生支援機構の保有株(1億7500万株)すべて。売却により、同機構は上場にかかる手数料を除いた売却益約3000億円を得るため、新たな国民負担は生じないことになる。

今後、日本経済全体のためにも健全な経営が期待される。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。